女の人

POSシステムを活用して事務管理を楽にする【勤怠管理も簡単】

  1. ホーム
  2. 安価に海外で会社を作る

安価に海外で会社を作る

オフィス

会社を作るまでの流れ

会社設立には相応の費用が必要です。また会社設立を行えばその国のルールに則って運営しまた税金も支払わなければなりません。このためルールの緩やかで税金の安い国に会社設立をするというのも選択肢のひとつです。もちろん、税金対策という面もありますが、海外展開する場合にはその立地に近い国に会社があった方が都合が良いというのも事実です。そのような地域として魅力的なのが香港です。香港はイギリスの植民地時代から貿易を中心として栄えてきた地域で中国に返還された現在でもその伝統は守られています。このため香港は会社設立に有利な条件が整っています。メリットとしては、やはり香港が貿易によって経済が成り立っているため経済自由度が高いということで、それを裏付けるように日本からもっとも近いタックスヘイブンとして知られます。具体的には、所得税が最高17%で、それ以外の税金が基本的には0%ですから、得た利益に対して課税される割合が少ない地域です。また税制が非常にシンプルなのも魅力です。立地として見ても中国へのゲートウェイという位置づけのほか、東南アジア諸国への中継地になるので、中国・東南アジア方面で事業をするのには適しています。香港での会社設立を行うための流れとしては、会社形態と会社名を決定し、会社設立手続きを開始して現地行政府に商業登記を行います。また会社設立には必ず現地の銀行口座が必要で口座開設も行います。その上で事業所を探すことになります。これらの手続きをサポートしてくれる会社も多く、場合によっては日本で会社設立するよりも簡単に会社を作ることができます。